セルフジェルネイルキットNAVI|おすすめが分かる人気ランキング付き

セルフジェルネイルキットNAVI

*

通販前にチェック!人気のセルフジェルネイルキットをランキング

今やセルフジェルネイルキットはオシャレをしたい女性、爪の保護をしたい女性の強い見方です。マニキュアじゃなかなか出せないツヤや持ちの良さなど、一度体験するとやめられないものです。ここでは実際にスターターセットでセルフしている私の意見や口コミなどを元に、いま人気のジェルネイルキットをランキングにしてみました。ぜひ通販する前の比較材料にしてみて下さい!

金銭面で負担がかかったり、子育て中のママはサロンには定期的にはなかなか通えませんよね。私もその一人だったのですが、自宅で自分の好きな時にセルフ出来るし、お金もジェルネイルキットを使う事によってだいぶ節約できています。

通販する前は人気の商品などネットで予め調べたのですが、たくさんのスターターセットが販売されていました。私の外せない条件は「価格・時間・ツヤの良さ(仕上がり)・オフのしやすさ」でしたが、いま使っている「Jelly Nail」というセルフジェルネイルキットはそのすべてを叶えてくれました。

選べるカラーも豊富でメイドインジャパン(国産)という所も安心感がありますし、LEDライトもポータブル式で便利。それにサンディング不要だから手軽で初めてでも簡単にやることができました。

1万円程度のセルフジェルネイルキットでこの内容と安心感なら納得の価格ではないかと思っています。激安など値段だけで選んでしまうと「なかなか固まらない、ツヤがいまいち、オフが全然できない」なんて言う話も口コミでよく見ますからね。

私もそれらを見てレビューの評価の良さからこのセルフジェルネイルキットを通販したのですが、今では家で自分でする際には欠かせないアイテムになっています。

サンディング不要スターターキットなら「ジェリーネイル」がおすすめ!

コンパクトなLEDライトながらもサンディング不要。おまけに未硬化ジェルの拭き取りなど、自宅セルフでは手間のかかる作業も不要で初めての方でもやりやすいのがジェリーネイルのスターターキット。

私もこれまで何個かジェルネイルキットは買って使ってきましたが、その中でもお気に入りで実際に愛用中ですので、使用感などを写真付きでレビューしていきますね。

ジェリーネイルには以下のものが付属してきました

・ベース&トップジェル
・LEDライト(ハンディ型)
・リムーバー
・ブラシ(1本)
・説明書
・カラー(オマケ2コ)

※ちなみに私が買ってから商品がリニューアルされて、今はLEDライトがピンクではなくシルバーになってます。またリニューアルと同時に「10秒ごとのライト点滅」と「自動でオフになるタイマー」の新機能が加わっています。

サンディング不要で簡単&爪が弱い方にも◎

私が最初にジェリーネイルを使ってみたいと思った一番の理由がこの「サンディング不要」という点でした。

サンディングは爪を削らなきゃいけないからそれだけで時間がかかったり、セルフに慣れていないと一体どのくらい削ったらいいのかわかりません。

それに私もそうなのですが、爪が弱い方はこの作業自体が負担になってしまいます。

その点、ジェリーネイルはベースの密着度が高くなるように作られていてサンディング不要で大丈夫!

密着度が高いと刺激が強かったり、爪に負荷がかかってしまうのでは?とも思ったのですが、国産のジェルだからかそういった心配も全然なく使えました。

仕上がりのツヤや持ちはどう?

サンディング不要&未硬化分の拭き取りもいらない手軽さのスターターキットなのに、ジェルネイルのプルンとした感じと滑らかさもあってツヤもちゃんと出てくれます。

これも国産の品質の高さのおかげだと思います。

私は凝り性なので今までに何個かセルフジェルネイルキットを買ってきました。その中でもジェリーネイルは持ちの良さも1~2位を争うほどです。

上手いサロンみたいに1ヶ月とかの持ちは出ませんが、私の場合は2週間くらいですね。それでもセルフなのでサロンよりかは全然安いですし、粗悪なジェルネイルキットみたいに1日ですぐ剥がれるとかもないので、かなり持ちが良いと実感しています。

それにこれから何度もやっていくうちにセルフでの腕も上達してくれば更に持ちも良くなってくるので、それも楽しみの1つです。

ちょっとした時に手軽に使えるLEDライト

セルフする時に一番の面倒って、ジェルネイルキットの事前の準備と使った後の片付けなんですよね。
ライトを収納から出してコンセントを入れて、また閉まってなど。。

ジェリーネイルのLEDライトはペンライト型で片手で持てちゃう大きさで、コンセントではなく電池式だから準備も片付けも煩わしさが全然ありません。

「これでちゃんと硬化するのか!?」と思いきや照射時間は10秒。

サンディング不要なぶん、ちゃんと密着させるために仕上げの時の完全硬化に60秒かかってしまいますが、それでもUVに比べたら全然早いです。

それにLEDライトだからUVと比較して紫外線の量も少なくてより安心です。

ジェリーネイルの感想とおすすめカラー

コンパクトな大きさなので私は化粧品の所にこのスターターキットを一緒に置いてるのですが、テレビを見ながらとかちょっとした時間にジェリーネイルを取り出して使えるのはかなり楽だなって実感できています。

ジェルとかライトなどポーチに入る大きさなので持ち運びも便利なんですよ。

自宅でのセルフだけでなく、友達の家に遊びに行く時でもジェリーネイルを持って行ってやってあげるのもいいですね♪

カラーは今のところ33色のようですが、初めてだと2色タダで貰えます。

最初に購入する時の私のおすすめカラーは「ピンク系」と「ホワイト」です。

やっぱり最初はこれがどんなシーンでも使いやすい定番だと思います。

ちなみに私はチェリーブロッサム(#008)とラメのゴールドダスト(#032)の2色を選んだのですが、ラメやパールは100均とかでも後から単体で安く買い足して使える事にジェリーネイルのスターターキットを買った後で気づきました。。

ピンク系と白系だったら色の相性もいいし、フレンチも可愛く仕上がります。

でもジェリーネイルは33色あるので、自分が良いなと思ったカラーを選ぶのが楽しくセルフジェルネイルを続けられるポイントだと思います♪

初めてでも大丈夫!私もジェルネイルキット初心者でした

ジェルネイルキットでおうちセルフを始めたいと思っていても「私は初めてだし不器用だから無理なんじゃないかしら」となかなか始められない人も多いでしょうが、でも思っているより簡単ですよ♪

女性なら誰でもマニキュアは塗ったことはありますよね?そのハケが筆に変わるぐらいな感じだと思って大丈夫です。セルフジェルネイルキットを通販して初めて使う時はとりあえずアートしないで単色で塗ってみてください。慣れてきたらラメグラデやフレンチなどの基本のアートにチャレンジしてみましょう。

大体のセルフジェルネイルキットには付属の説明書が付いているのですが、私も最初は初心者だったのでスターターセットに付いてきたガイドブックを見て基本的な手順を覚えました。あとは本などで見たアートの方法を参考に自分なりのやり方を楽しんでいます。

サロンに行って基本的なピンクとホワイトの施術をすると初回でもけっこうなお値段がしてしまいますが、それがセルフで自分でできたら経済的に毎日きれいな爪で過ごせます。また、初めての方だけでなく、近所にサロンがない方や小さいお子さんがいて行けないなどの悩みもジェルネイルキットなら好きな時間にできるので解消してくれます。

もちろん最初からプロ級のデザインができるというワケではないですが、上手く出来るようになった時の充実感とか「私1人だけでココまでできたんだ」っていう達成感は、お店でお金を出してやってもらうのでは得られないものがあります。一歩踏み出してみたら、いつもの暮らしが今までよりも楽しいものになるし、気分転換もできるから私は断然ジェルネイルキットを使ってのセルフ派です。

初めてだからこそ安心して使えるキットを選ぼう

サロンでの基本料金は下がりつつありますが、少し凝ったデザインをオーダーした場合はオフ代も含めて1万円は軽く掛かってしまいます。3週間に1度は付け替えが必要ですから、それだけでも結構な負担となってしまうのです。お金を節約したい場合はジェルネイルキットを購入してセルフをするのが1番です。

スカルプのように難しい知識や技術力は必要ありませんから、初めての方でもわざわざスクールに通わなくても簡単にセルフで楽しむ事が出来ます。ジェルネイルキットの価格の相場はだいたい5000円から1万円程度なので、サロンでの施術に掛かる代金の約1回分で買う事が出来ます。何度も繰り返して使用できますし、好きなデザインも気軽に挑戦してセルフを楽しむ事が出来ますから経済的でおすすめですよ。

必要な道具はひと通り初めから揃っているので、かかる初期費用が小さいというのも人気の秘密です。LEDやUVといったどんなランプなのか、またはカラーなどは国産なのかなどによっても値段は異なります。

爪に塗るものなので、初めてだからこそ激安で粗悪なジェルネイルキットは避けて国産のを使っているなど安心して使えるアイテムを購入するのがおすすめです。お財布に安いだけでなく、安心してセルフを楽しむためにも口コミやランキングなどをよく見た上で納得できる選び方を行いましょう。

ジェルネイルでするダブルフレンチのデザインとやり方

だいぶジェルネイルキットでのセルフにも慣れてきたので新しいデザインに挑戦してみました。

「ダブルフレンチ」と呼ばれる、2色のカラーを組み合わせたフレンチの応用です。

初めてやってみたので少し苦労しましたが慣れれば大丈夫そうです。
短い爪でもOKなデザインなので、伸ばし中の方や長い爪に抵抗ある方にもおススメです♪

セルフでダブルフレンチをする前に準備するもの

・トップジェル
・ベースジェル・カラー(ピンク系とゴールドダスト)
・ラメパウダー(ピンク系)
・ブラシ(できれば2本以上)
・ブラシ拭き取り用のキッチンペーパー

※今回もカラー等は私が愛用中の「ジェリーネイル」というセルフキット付属のものを使っています。

①ベースを塗って仮硬化させたあとにカラージェル(ピンク)を爪の真ん中ぐらいに塗っていきます。

だいたい爪先から3分の2から3分の1くらいの長さに斜めに塗って、下部分を一度キッチンペーパーで拭いてキレイにしたブラシで余分なジェルを拭いラインを整えます。

この時にそのまま斜めにベタ塗りしてしまうと爪の淵に溜まってしまうので縦に塗ってください。

アーチを描くようにするとキレイに仕上がります。

先端部分にはみ出したのは後でラメを重ねるので、それほど神経質にならなくてもよいので同じようにブラシでラインを整えます。

ライトで仮硬化させたらお好みで二度塗りしてください。

②ベースジェルにラメパウダーを混ぜたものを用意して先端部分に塗っていきます。

ダブルフレンチの出来上がりは斜めにするのですが、やはり斜めに塗っていくと淵に溜まってしまうので縦に塗ってください。

ラメなので丁寧に塗っていけば境目は目立たないので、ラインをブラシで拭う必要はありません。

終わったら①と同様に仮硬化させて、こちらもお好みで2度塗りして下さい。

③ピンクのカラーを塗った部分の下の部分をゴールドダストのジェルを使って細くラインを引きます。

細かい作業なのでセルフジェルネイルキットに付属のものではなくてアート用の細いブラシがあると便利です。ジェルネイルキットに付属のを使う場合は角を利用してラインを引いてください。

④最後にトップコートを塗って本硬化して出来上がりです。

イベント用にも最適!ダブルフレンチをやってみた私の感想

今回挑戦したダブルフレンチですが、初めてやった割にはうまくできたかな?と思います。

「斜めのデザインはアーチをつけるとかっこよくて可愛く仕上がるなぁ。」と左手の中指と人差し指を比較したら一目瞭然でした。

最初に左手をやって次に右手のダブルフレンチをやりましたが、さすがにキットを使ったセルフでのジェルネイルという事もあって利き手(つまり右手で左爪を塗る)のほうが、慣れたぶん綺麗に仕上がったかな?と思います。

アート用の細い筆ですが、ジェルネイルキットに最初から付いてくるものよりも使いやすいので揃えておいた方がいいかなと思います。(安いもので300円くらいで手に入ります。)

筆先の部分は短すぎ?ってくらいが使いやすいです。もし手に入らない場合は爪楊枝やオレンジスティックを利用してもラインは引けます。

ゴールドのライン部分の端にストーンをいくつか置いたら、結婚式などの華やかなイベント用ダブルフレンチになると思いますよ♪

ラメグラデーションをジェルネイルキットを使ってするやり方

セルフネイル初心者でもジェルネイルキットがあれば手軽にできて、リフトしにくく長持ちしてくれる、ラメグリッターパウダーを使用したグラデーションネイルのやり方をご紹介します。

ラメグラデーションをする前に準備するもの

・トップ、ベースコート
・ブラシ(2本あると便利ですよ)
・アルミホイル(ベースとラメを混ぜるために使用)
・スパチュラ(私は持っていなかったので甘皮カッターで代用)

まずベースを塗り仮硬化します

その次にスパチュラでラメとベースを適量取ってよく混ぜます。

ラメが多すぎてダマになってしまうと塗りにくくムラになりやすいので、ダマができる手前くらいにベースを少し足すといったぐらいがおススメです。

混ぜたものをブラシに取り、爪の先から3分の2程度のところから塗って仮硬化します。

ムラができないようにトントンとのせるようにしてから伸ばしていくと良いかと思います。

爪の先から3分の1程度のところからまたラメを塗って仮硬化します

同じようにトントンとのせるようにして先端に向かって、ラメの密度が濃くなるようにグラデーションを意識しながら塗っていくとキレイに仕上がります。

↑上の写真が2度塗りしたものですが、濃さが密度が最初と違っているのがわかるかと思います。

最後に、持ちを良くするためにトップコートを厚めに塗って、ライトで本硬化したら出来上がりです。

ラメグラデをやってみてわかったやり方のポイント

今回は、トップとベースは私が普段使っているジェリーネイルというセルフジェルネイルキットに付属のもの、ラメは市販のを使ってラメグラデーションをしてみました。

実際に塗って完成してわかったやり方のポイントがありました。

ラメはホログラムが入っていない方が仕上がキレイです

ホログラムが入っている物は表面がデコボコになってしまうのでヤスリで削る必要がでてきます。また見た目の色が「ちょっと濃い?」と思うラメのが発色がキレイです。

ラメはよく利用するオンラインのドラッグストアで3色セットで500円程度でした。

ジェルを塗ってからスポンジで後のせするといった方法もあるのですが、ラメが飛び散るし細かい作業ができないのでベースと混ぜる方をおススメします。

混ぜる時は筆は使わない

セルフジェルネイルキットには筆があらかじめ付属しているものが多いですが、混ぜるときにブラシを使ってしまうと、毛先の内側にラメが残ってしまうので使わない方がいいと思います。

もし使用してしまった場合は、次回からカラーを塗る時には使わずにラメ専用にするか、拭き取りを念入りにするのをおススメします。

ブラシもドラッグストアや100均などで安く買えるので、復数持っていて損はないですよ。